No bees, No life!~養蜂日記~

みつばちたちに振り回される養蜂初心者のあれやこれやの記録です。

うちの冬囲い

ついに冬囲いをする日がやってきました。

はち飼いの1年は一応これで終了。

このあとは春まで基本的に巣箱をあけないので、やることはあまりありません。

春の新学期に向けていろいろ準備をする期間です。

 

前にも書いたように、冬囲いの方法は地域の気候によりさまざまです。

以下はKさん指導のもと、信州駒ヶ根にあるうちの蜂場にて行なった方法です。

※ちなみにうちは標高1000メートル弱、真冬はマイナス10℃を下回る日もあります。ただし太平洋気候なので晴れの日が多いので、雪が積もっても多くはなく、2、3日すれば融けます。

 

<冬囲いの方法>

①まず巣枠を6枚くらいに減らして巣箱の真ん中に寄せる。

②麻袋2枚をかける

f:id:mana_s:20191110194233j:plain

③その上に米袋をかける

④巣箱内の左右にできた空間に、新聞紙の束を詰める。1番外には発泡スチロールの板をビニル袋に入れたもの(ビニル袋に入れないとハチがかじるので)を入れる。

⑤上に新聞紙をかぶせる

⑥ふたをする

⑦プチプチ(梱包材)で前面を除く3方と上面を二重にくるむ

⑧大量の藁で横と上を覆う(前後は覆わない)

f:id:mana_s:20191110194301j:plain

⑨その上に波板と石を乗せる

※なお、巣門は板を貼って1cmに狭める

 

できあがりは、こんな感じ。

(中途半端にスズメバチ捕獲器がついてますが…)

f:id:mana_s:20191110195432j:plain

これでなんとか信州の冬を乗り越えてくれー!

標本づくりの秋

ハチを樹脂で固めて標本にするとかわいい!ということに気づいた今日この頃。

 

さっそく標本の材料集め。

f:id:mana_s:20191109204247j:plain

今日もキイロスズメバチ、大漁です。

左下はオオスズメバチ(寒くなって最近はほとんど見かけません)

左上はみつばち(巣の周りで死んでいた子など)

 

生きてるキイロスズメバチ

超元気です。ぶぶぶぶうるさいです。

でも1日置いておくと大抵力尽きます。

f:id:mana_s:20191109204329j:plain

その点、オオスズメバチの生命力は強いです。

先週の出店に連れて行ったオオスズメバチさん、昆虫ゼリーやリンゴの皮などを食べながらまだ生きています。

死んだら標本にしようと思っているけど、なかなか死にません。

 

さて、死んだハチは、樹脂を流し込んで型に固めます。

琥珀(←ジュラシックパーク)じゃないけどなかなかおもしろい標本ができます。

秋の夜長はハチの標本づくりに決まり~。

ワンダフルベジタブル@八ヶ岳

八ヶ岳オーガニックマーケット・ワンダフルベジタブル に出店してきました。

八ヶ岳のみならず富士山まで眺められる素晴らしいロケーション!

そして天気も◎

f:id:mana_s:20191104171813j:plain

「モダンひょうたんモヒョ 養蜂部」という屋号で出店したのですが、実は「モダンひょうたんモヒョ」はひょうたん屋時代の屋号です。

ワンベジのオーガナイザーさんは、ひょうたんランプ&ひょうたんスピーカーで出店させてもらっていた「わとわまつり」のオーガナイザーさんでもあるので、「えっ、モヒョってひょうたん屋でしょ?なぜに養蜂??」と思っていたそうです(笑)

 

↓ 看板娘、オオスズメバチ

f:id:mana_s:20191104171836j:plain

ちょうど前日に捕獲したので、胴部分に針金を巻き付けて勝手に飛んでいかないようにした状態で連れて行きました。

多くの方が声をかけてくださり、大人気!でした。

 

おかげさまではちみつ、みつろうキャンドル、ハチ標本、いろんな方にお買い上げいただきました♪ ありがとうございます!

収益はすべて、みつばちたちの今後のお世話代(資材費)になります♪

 

そんなみつばちたち、現在このような環境です。

f:id:mana_s:20191104171552j:plain

蜜源となる木を何種類か植えたところ植えた当日の夜にシカが樹皮を食べに来たので、さっそく電柵で囲いました。

蜂場の周囲の山にはシカがわんさかおり、夜に運転すると道路にもシカがうろうろしているほどです…。

木がある程度大きくなるまでは電柵は必須かも。

植えたのは、アーモンド、ハリエンジュ(ニセアカシア)、リンデン(西洋菩提樹)、アンズ、プラム、ライラック、ヘザーです。

 

秋も深まる駒ケ岳。

はちたちの冬囲いもそろそろです。

f:id:mana_s:20191104171627j:plain

 

冬越しに向けて

冬越しに向けて地味に作業をしている今日この頃。

寒くなり、みつばちも徐々に減っています。

なので2段だった巣箱はすべて1段にまとめて、はちが密集した状態にします。

 

が。

ベティとキャシーは1段にできたものの強群エイミーが1段にできない…。

 

巣箱を開けて枠を上げたりはしたけれど、はちが上下の段に広がっていてどうも1段にできる気がしない…。

もっと強い意志を持ってやるならやらねばと思うのですが、やろうとしている作業にいまいち自信がないのでどうしても弱気です。

しかしそういっているうちに今朝は少々霜が降りたので、もうぐずぐずしてはいられない!

というわけで。

やってみたらできましたよ…。

これで3群とも1段になりました。(時間かかったなあ)

 

エイミー群は強群ですが性格は優しいので刺されることはないです。(一時期は気が強かったけど。)

現在狂暴なのはベティ群。

ふたを開ければ即戦闘態勢です。

巣門前にキイロスズメバチの死体があることもしばしば。

そしてキャシー群は、ダニで弱体化しまくっているので冬越しできるか怪しいです。

 

さて。本格的な冬囲いをするのは11月中の予定です。

冬囲いについては養蜂家や地域によってものすごーくバリエーションがあり、本で読む知識よりは地元の慣行に従う方がよさそうなので、Kさんの指導に丸ごと従おうと思います。

本によると、巣箱を倉庫内に移動させるとか、発泡スチロールの箱をかぶせるとか、極寒地の冬囲いにもいろいろなやり方があるようですが、この2つの方法をKさんにちらっと話してみたら鼻で笑われましたよ…。

伊那谷式の冬囲いはどんなものなのでしょうか。

妖精舞踏音楽会

台風一過の日曜日、妖精舞踏音楽会にて、ぱん屋さんの隣でちょこっと出店。

f:id:mana_s:20191014104339j:plain

11/3、八ヶ岳オーガニックマーケットワンダフルベジタブル北杜市 高根クラインガルテンにて、はちみつ&みつろうキャンドル&たぶんひょうたん のお店を出す予定です。

日本みつばち祭り@中川村

日本みつばちのメッカ(?)中川村では、毎年秋に日本みつばち祭りなる祭りが催されます。

うちのみつばちは西洋みつばちですが、私としては日本みつばちにも興味津々なので、今年も行ってきました。

 

巣箱からはちみつを取り出す作業の実演。

f:id:mana_s:20191006160646j:plain

網をかぶっているのは直接作業している方だけで、見物人は普通に覗き込んだりします。

最初に巣箱をトントン叩いて、奥の方にみつばちたちを移動させ、それから巣蜜をナイフで切り出します。(日本みつばちは、西洋みつばちと違い、巣枠式はあまり一般的ではなく、巣箱内に自由に作られた巣の一部を切り取り、それをざるで絞って採蜜することが多い。)

みつばちたちは箱の奥の方(写真でいうと右の方)で静かに蜂球をつくっていて、ぶんぶん飛び回るはちは一匹もいません!

つくづく、日本みつばちっておとなしい生き物なのだなーと感心。

西洋みつばちだったら、トラックに乗せて会場に連れてこられるだけで大騒ぎかも…。

 

取り出された巣蜜はこんな感じ。

f:id:mana_s:20191006160610j:plain

日本みつばちは体が小さいので、六角形の巣房も西洋みつばちより小さいです。

巣蜜はそのまま食べられます。

うちの西洋みつばちの自然巣と比べると、巣が固いのか、口の中にガムみたいに残ります。(巣は主にみつろうでできています。)

巣にプロポリスも使う西洋みつばちの方が巣が固いので巣蜜を食べると口に残る、と書いてある本を見かけたことがありますが、むしろ逆のような…。

別のブースで試食させてもらった日本みつばちの巣蜜は口に残らなかったので、そういうのも群れによって違うのかもしれません。

 

はちみつ食べ比べコーナー。

f:id:mana_s:20191006160704j:plain

日本みつばちの会の会員さんたち自慢の蜜がずらりと並びます。

産地も花もいろいろ。

そのため、どれも百花蜜ながら、蜜の色も味も驚くほど異なります。

傾向としては日本みつばちの蜜は酸味があって黒蜜のような風味があるものが多いです。でも、中にはかなりフルーティーなものもありました。

はちみつの醍醐味って、同じ「はちみつ」というくくりでも千差万別の味わいのバラエティーだと思います。

 

こうしてみると、日本みつばちもいいなあ~。

来年はうちにも日本みつばち来てくれるといいんだけど。

 

ところで、西洋みつばちで目下大問題になっているダニは、ミツバチヘギイタダニというダニですが、日本みつばちはグルーミングしてダニを落とす習性があるためこのダニには寄生されません。代わりにアカリンダニという別のダニが日本みつばち界では問題になっています。(逆に、西洋みつばちではアカリンダニの被害は聞きません。)

 

どこもダニに悩まされますねえ。

2019年スズメバチ対策まとめ

スズメバチとの闘いもあと少し!(あと1か月弱)

お盆以降ずーっとスズメバチ三昧だったので、ここらで少しまとめをば。

 

 今年試したスズメバチ対策は、以下のとおり。(やれるだけのことは全部やりましたよ~。)

 

その1:長野式スズメバチ捕獲器

f:id:mana_s:20191005172037j:plain

巣門前でミツバチを捕まえて飛び上がったオオスズメバチをとらえるトラップ。

たぶん養蜂家はみんなこれを巣箱につけています。

オオスズメバチ、キイロスズメバチアシナガバチなどが入ります。ガも入ります。たまにカエルやキリギリスも入ります。

オオスズメバチが生きたまま捕獲できるので、その後はちみつ漬けなどに利用するのに便利。

養蜂問屋から買いましたが(値段はそこそこします)、自作もできるようです。

お盆ごろに設置しますが、そのころは雄バチも結構入ります。(働きバチは小さいので網の目から出られます)

入ったハチが死んで溜まるとかなり臭いです。

 

その2:粘着テープ

f:id:mana_s:20191005172151j:plain

オオスズメバチは、ピンチになるとSOSフェロモンを出して仲間を呼びます。

その習性を利用して、生け捕りにしたハチをネズミ捕り用粘着テープ(ホームセンターに売ってます)に1匹くっつけて置いておくと、仲間がどんどん集まってきて、どんどんくっついて、ものすごいことになる…という仕掛け。

写真では真っ黒になっていてグロイですが、これが普通です。

オオスズメバチには効果絶大。

最初の1匹を捕獲器または虫網で捕まえて生きたまま粘着テープにくっつける、というハードルさえ越えられれば、おすすめ度No.1です。

なお、仲間を呼ぶ習性がないキイロスズメバチには全く効果なし。

 

その3:ネット

f:id:mana_s:20191005172225j:plain

刺さないと言われても、スズメバチがぶんぶん飛び回るところで作業をするのがどうしても怖いので、巣箱全部をネットで囲いました。

巣箱が少なければ有効です。

ただし費用はかかります。

ネットの網目は9mm。みつばちはまあ通れます。オオスズメバチは通れません。キイロスズメバチは通れるやつもいます。

オオスズメバチが群れで襲来して巣箱を乗っ取る、ということはこれで完全に防げると思います。

が、ちょっとした隙間が見つかったり、小さめのキイロスズメバチだったりすると中に入ってきます。(でも捕まえたみつばちを抱えて出ることはできない。)

また、スズメバチたちがネットの外を巡回しているので、通り抜けに手間取っているみつばちは捕獲されています。

わたし的には、スズメバチがいないところで内検作業ができるので、精神衛生上よいと思います。

が、これを見たKさんは、最初は「巣箱が少ないならこれもいいなあ」と言っていたものの、この状態で作業していたらみつばちにやたら刺されたので、 結局「囲ってしまうとみつばちが不機嫌になるからよくない」と言っていました…。

 

その4:ペットボトルトラップ

 

f:id:mana_s:20191005172113j:plain

ペットボトルに、焼酎+酢+ジュース(+ブドウの皮)を混ぜた誘引液を入れたトラップ。

週に1回くらい取り替えます。

誘引液の配合は毎回適当ですが、けっこうスズメバチが入ります。(みつばちは入りません)

オオスズメバチも入ります。

夏場はカブトムシまで入ります(笑)。

コスパ抜群。

 

その5:虫網

f:id:mana_s:20191005172259j:plain

侮ることなかれ。
キイロスズメバチオオスズメバチ、どちらもいけます。
オオスズメバチの方が的が大きくて動きが遅いので捕りやすいです。

これで捕らえたオオスズメバチは、はちみつ漬けにしたり、粘着トラップに付けたりします。

キイロスズメバチは捕ったら足で潰して、次を狙いますが、オオスズメバチは前述のとおり仲間を呼ぶので、捕ってもその場で潰してはいけません。離れたところで殺しましょう。

重要なのは、一回でしとめること。

Kさんは、これを失敗してオオスズメバチに刺されて病院行きになったそうです…。

リスクと隣り合わせですが、ゲーム的面白さもあります。

 

 

どの方法もそれぞれ長所短所あるので、複数種類を組み合わせて対策するのが重要みたいです。

なので、来年もおそらく全部やるでしょう…。

 

なお、私は自分でもスズメバチに対してやたら過剰に反応していると思いますが、多くの養蜂家は、オオスズメバチに巣箱を乗っ取られるのさえ防げれば、あとはスズメバチがぶんぶんしてても割と気にしません。

特にキイロスズメバチは、巣箱を乗っ取ることはなくみつばちを一匹ずつ捕まえていくだけなので、大した被害ではないとみなされ、ほぼ放置です。

スズメバチも、自分の巣を攻撃されると反撃してきますが、餌(=みつばち)を捕りに来ているときは基本的に人間を攻撃することはありません。

(虫網で直接攻撃した場合は反撃してくることがありますが。)

 

実際、養蜂やっている人たちにとって、秋の最大懸案事項はスズメバチではなくダニです。

ダニについてはまた今度。