No bees, No life!~養蜂日記~

みつばちたちに振り回される養蜂初心者のあれやこれやの記録です。

西洋みつばちのスズメバチ退治

日本みつばちは塊になってオオスズメバチを取り囲み、
温度を上げて熱死させることは有名ですが、

西洋みつばちだって、戦う時は戦います。

この時期、門番は隊列を組んで巣の警護にあたっています。
f:id:mana_s:20201014123753j:plain

スズメバチを取り囲んで攻撃。
f:id:mana_s:20201014123903j:plain

日本みつばちのような温度攻撃ではなく肉弾戦のようですが、キイロスズメバチならこれで結構撃退できるようで、巣門前にちょいちょいキイロの死骸が転がっています。
なお、オオスズメバチはやはり体格差がありすぎてかなわないもよう…。
そりゃそうさね。
そんなわけで、オオスズメバチが通り抜けられない網の目のネットで囲って防衛しています。(オオスズメバチはネットの外で飛んでくるみつばちを捕獲していますが)


ダニやスズメバチと戦いながら、今年のシーズンも終わろうとしています。

来年に向けて、菜の花を蒔きました。
f:id:mana_s:20201014124838j:plain
9月が暑かったのでやや育ちすぎ…。

クロスズメバチはどこにいる

日本の三大スズメバチといえば、
オオスズメバチ
キイロスズメバチ
クロスズメバチ

オオとキイロに関しては配偶者より高頻度で顔を合わせるほど親しんでいるのだが、クロはお会いしたことがいまだない。
ぜひお目見えしたいものだ…と思っていたら、

f:id:mana_s:20201002131650j:plain
クロスズメバチ捕った!」と息子が帰宅。

うーん…

残念ながらツチバチのようです…

しかし、こいつをふで箱に入れた上、周囲の子供に「スズメバチだ」と吹聴したために、危険なものを持ち込んだ容疑で学童クラブから追い出されかける息子…。
がんばれ…。

今年もスズメバチの季節がやってきたよ

今年はスズメバチ少ないな…と思っていたのだが。

ハイライフ八ヶ岳から戻ってきたら、なんかやけに増えているぞ、オオスズメバチ

ケースに入れてしまえば落ち着いて観察できます。

仲良し姉妹。
f:id:mana_s:20200919170543j:plain

君たちもいずれは樹脂標本の運命。

魚醤ならぬ肉醤ならぬ虫醤⁉️

かつて日本には4種類の醤(ひしお)があったそうな。
穀醤、魚醤、肉醤、草醤。

このうち、肉醤と草醤は廃れ、今は穀醤(つまり醤油)と魚醤だけが残っているんだとか。
最近、ジビエ界隈で肉醤(ししびしお)を作る動きがあり、イノシシや鹿の肉に塩と糀を加えて発酵調味料を作っている人たちがいます。

うーん、これって虫でもできるんじゃ?
基本的には、タンパク質に2、3割の塩を加えて置いておく(魚醤の場合は魚の内臓の消化酵素を利用するので塩だけ。肉醤や穀醤は糀も加える)と、タンパク質が分解されて発酵調味料ができる、という流れなので、きっと昆虫タンパク質でもいけるでしょう!

みつばちのオス用の巣枠を入れており(巣房のサイズが大きく設定されているので、女王ばちはここにオス(体が大きい)の卵を集中的に産む)、ダニ駆除のため(ダニはオスバチに好んで寄生するので、オスバチが出房する直前にダニもろとも削る)定期的に削っているのですが、このオスバチたちがもったいない…。
蜂の子の佃煮にする人もいるけど、あまり食指が動かないし。

いいじゃん、虫醤!

と思っていたら、なんとgrasshopper garum(バッタ醤!)なるものが…。
北欧にある前衛的レストランNomaのレネ・レゼピ氏が動画をアップしてた…!
バッタと幼虫をミキサーで液状にして、糀と塩を加えて60℃(けっこう高温…)で発酵させるようです。
いわく、delicate richly umami fish sauce with caramel overtomeだとか。
キャラメル…。ほんとか…。

とりあえずやってみます。

蜂の子の内臓がどの程度あるか分からないので、糀なしバージョンと糀入りバージョンの2つ仕込んでみました。

今日仕込んだのは糀入り。
ついでに女王候補の幼虫&ローヤルゼリー入り(笑)
f:id:mana_s:20200830135803j:plain

半年から1年くらい放置します。
楽しみ!

ミードを作ってみたが、正解がわからない

ミード。すなわち蜂蜜酒

蜂蜜酒
もう字面からしてなんだか童話っぽくてよくないですか。

どぶろく文化の日本ではあまり知られていないものの、欧米ではホームメイドビールやシードルの流れで自作する人もいるんだとか。
その歴史は古く、農耕以前から醸されていた人類最古の酒だそうです。

ふーむ。
これは作ってみるっきゃあるまい。

とりあえず教科書。
f:id:mana_s:20200818124559j:plain

が、クエン酸ならまだしも、酒石酸とかマレイン酸とかどこに売ってるんだ…。
外国の料理本は、日本では現実的でないレシピが載っていることがしばしばあります。

ネットで調べてみたら、基本的にははちみつを水で薄めて(そのままだと発酵しない。はちみつが腐らない所以。)、ドライイーストを入れればいいらしい。

ぶくぶくぶく。
f:id:mana_s:20200818125041j:plain
おお、発酵してるしてる。

数日放置して泡が収まったらサイホンで上澄みだけ取り出して、冷やして完成!

味ですが。
うーん。まあ可もなく不可もなく。
苦くないビールというのか、香りのないシードルというのか。
以前シードルを作ったことがあるけど、結構似ています。
後からはちみつを加えて甘口にするやり方もあるそうなので、その方がミードらしさが出るのかも。

でも、そもそも本物のミードを飲んだことがないんですよね。
なので、こういうものなのか、いまひとつなのか、判断できません…。
うーん、どこかで本物を飲む機会はないものか…。